So-net無料ブログ作成

ヘルシー&シンプルライフ

ジャンクな食べ物ともさようなら。物ばかり置かれた部屋にいるのももうイヤ・・・。目指すはヘルシー&シンプルライフ。最終ゴールはトランク2個くらいでの生活。

 

過去ログページ

お手本にしたいEstherさんのシンプルライフ

カナダの写真家
Esther Beazerさんの
シンプルライフルール。

参考にしたいと思いましたので
ここにシェアしますね。

まず、彼女はフィットネスを
生活の中でとても重要視していまして、
フィットネスに対するシンプルルールは
1. Never go 3 days without exercise
エクササイズをしない日を3日ともたない
2. Workout at least 3 days a week
 週に3回はエクササイズを実施
3. Never miss a Monday
 月曜日は絶対にエクササイズ
4. Never give up.
 あきらめない!
としています。

彼女のシェイプアップされた写真は
こちら

で、生活全般に対するシンプルライフルールも掲げています。

抜粋すると・・
1. Eat to nourish and heal
 滋養と癒しのために食する
2. Love myself as I am right now.be patient & forgiving with myself; change is a process.
 今現在の自分を愛する。自分に対し、忍耐強く、そして許す。変わっていくことは過程
3. Exercise regularly to be strong, capable, and happy.
 強くなるため、可能とするため、そして幸せのために定期的にエクササイズをする
4. Do something creative every week.
  毎週創造的なことをする

私もしばらく前から
エクササイズを日課としているので、
共感を得てしまいました。

シンプルライフをいう名前で惹かれてしまった
カレンダーも紹介させて頂きますね。
もう来年のカレンダーのことを考える時期ですね・・・。


Simple Life 2015 Calendar

Simple Life 2015 Calendar

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Lang Graphic Ltd
  • 発売日: 2014/02/15
  • メディア: カレンダー



本の収納、どうしてる? [読書]

皆さんは読書家ですか?
私は学生の頃までは
読書を趣味にしていたのですが

社会人になってからは
読むことを楽しむというよりも
知識習得という形での読書をするようになりました。

ですから
速読というのも
その点では有益に思えて
一時はトレーニングをしたこともありました。

しかし最近では
原点に戻って
読書を楽しみ、
そしてそれを自分の書く
ブログに生かせればいいなあと
思っています。

そのような視点になってみると
驚いたのですが
読書の技法や
書くことにこだわりを持っている人の
多いこと。

読書やら書くことは
競争ではないのですが
そういった人たちに刺激を受けて
最近は本を読む頻度が増えています。

しかし困ったことが。
図書館ではなかなか希望する本が見つからず
かといって電子書籍がそれらをすべてカバーしている
訳ではありませんので

紙の本を買うことになります。
そうしますと、私の狭い部屋に
本がどんどん山積みされ・・・
「極力何も持ちたくない」派の私にとっては
辛い事態が発生。

ということで今回ご紹介したいのは
本の収納便利グッズです。
こちら。
文庫本いれと庫

文庫本いれと庫 (文庫本約26冊収納)

文庫本いれと庫 (文庫本約26冊収納)

  • 出版社/メーカー: 天馬 (Tenma)
  • メディア: ホーム&キッチン



文庫本以外のサイズもあります。
本がきちんと収まるサイズで、蓋をすれば重ねることもできます。
クリアタイプなので本のタイトルも見ることができます。
本棚がなかなか買えない場合などにいいですよね。

もっと安いのを!という場合は
本専用の大きさの段ボールもあるようです。
確かに安いのですが、送料が高いなあ・・・。


ダンボール 文庫本M

ダンボール 文庫本M

  • 出版社/メーカー: 神田クラフト
  • メディア: エレクトロニクス



ついでにお薦めのこちらのDVD・・・

愛を読むひと<完全無修正版> [DVD]

愛を読むひと<完全無修正版> [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



クリエイティブな時間を持つ時・・

エッセイなどをいろいろと書いてみたいなあと
思っています。

まだまだ素人で
これから基本を学ばなくてはいけないのですが

肝は
コンテンツと
文章力だと思います
(当たり前かもしれませんが)。

コンテンツについては
いろいろと思い巡らせますが
一番自分が新しいこと・面白いことを思いつくことができる
クリエイティブな時間というのが
「散歩の時間」

時にいろいろと案が出て
足早に帰ろうと思う位です。

いい具合に
酸素と血液が体を通って脳に循環するのでしょうね。

実はこれは
友人から紹介してもらった
「公募ガイド」という本にも載っていました。

公募が好きな方
(物を考えるのが好きな方)は
散歩時間にいろいろと新しいことを考えるようです。

文章力については
訓練が必要のようです。

ところで、このエッセイ。
やみくもに書くというのも
なかなかモチベーションの維持ができません。

公募ガイドという雑誌には
さまざまなエッセイやら物語、写真・・などの
全国各地からの公募案件が掲載されています。

ですから、自分の作品は応募したいと思っています。

こちらが公募ガイドです。


公募ガイド 2014年 10月号 [雑誌]

公募ガイド 2014年 10月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 公募ガイド社
  • 発売日: 2014/09/09
  • メディア: 雑誌




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。